RECRUITING WEB SITE

RECRUITING WEB SITE

株式会社三祐コンサルタンツ

三祐の人
蛭田 英明
三祐の人

先輩からのメッセージエキスパート

蛭田 英明

海外事業本部 海外技術第1部 技術課

宇都宮大学大学院 農学研究科修士課程
コーネル大学大学院 国際農業農村開発プログラム

※所属部署及び内容は取材時のものです。

「他人を幸せにするために努力する」ことが、自分の多幸感に繋がる

三祐の魅力を教えてください。

途上国の農業農村開発に貢献するためのプロ集団たることを目指し、社員の人材育成にお金と時間をかける点です。農家のおじさんの様に面倒見良くじっくり教えてくれる先輩もいれば、最近は少なくなりましたが厳しく指導してくれる大先輩もいらっしゃいます。技術も語学力もなく入社した私は、海外留学までさせてもらいました(しかも2回)。また、若い社員でも知識やアイデアがあれば、専門家として尊重して扱われるのも魅力的な点です。最近はむしろ20代、30代の若手が会社を牽引している、そんな印象です。

所属している部署について教えてください。

当社は農業インフラ整備をコアコンピタンスとしている会社ですが、そうしたインフラ整備後の開発を担う部署として海外技術第1部の存在があります。具体的には、営農、経済、社会開発等、インフラ整備に伴うポテンシャルを「形にする」、「体現する」、「仏に魂を入れる」業務を担当するのが当部の責務です。当部は若手が多く、また、女性が過半数を占めています。これは、能力があれば誰でも直ぐに途上国の現場で業務に従事できる機会があることを意味すると同時に、どんなに若くしても相応の責任が問われるということを意味しています。こうした厳しい環境で、自身のスキルアップを貪欲に進めている若手が多い部署であるというのが当部の特徴と言えるかと思います。

私の近況-今までのキャリアを含め教えてください。

参加型手法を用いた農業農村開発計画の策定(タイ)、洪水回避を目的とした新たな稲作体系の実証(タイ)、気候変動に適応するための土地利用計画策定(ベトナム)等、アジア地域では主にプランニングに関わる仕事に携わってきました。また、アフリカ地域では、例えばザンビアにおいて、農家でも建設可能な「簡易かんがい技術」の普及に関わる業務にも取り組みました。現在は、ミャンマーにおいて、「儲かる農業」の確立にかかる業務や官民連携を通じた農業農村開発の仕事にも携わっています。高度な技術を提供するのもひとつの仕事ですが、簡易な技術を広範囲に広げる「しくみ作り・ひと作り」の仕事も、やりがいがあると感じています。


入社をお考えの方に一言

後輩に何を期待しますか、またどのような人物が三祐の業務に向いていると思いますか?

途上国での開発支援の仕事には「自分が幸せになる」ためのヒントがたくさん詰まっています。「他人を幸せにするために努力する」ことが、実は自分の多幸感に繋がっている—自分の選択が間違っていなかったと思える今日この頃です(妻には申し訳ないが)。違う文化に触れてみたい、誰かのために貢献したい、そしてそのために技術力を身につける努力を惜しまない、そんな気持ちをお持ちの方が開発コンサルティングの仕事に向いていると思います。

会社説明会 募集要項